西馬込

馬込西公園(2015年10月撮影)

Hills.丘の系譜

山王、久が原、そして西馬込。城南の丘に、新たなる邸宅の歴史が生まれる。

久が原、山王、「インプレスト西馬込」周辺の街並み(2015年10月撮影)

山王、久が原とともに、城南の丘に息づく邸宅街として歴史を重ねてきた西馬込の地。古くから都心至近の別荘地として愛されてきた馬込界隈は、多くの芸術家が集い住んだことから“馬込文士村”と呼び親しまれ、いまもその街並に閑静な文化の薫りを漂わせています。

“馬込文士村”とは

大正後期から昭和初期にかけて馬込には作家 尾崎士郎をはじめ多くの文人が居を構え、文学談義やダンスなどの交流も盛んだったといわれています。多彩な才能の出会いは彼らの作品にも大きな影響を与え、近代日本文学史の一頁を彩ることとなりました。

“九十九谷”の得難い丘上に

武蔵野台地に刻まれた谷が豊かな表情をつくりだす西馬込エリアは、古くから“九十九谷”と呼ばれてきました。そんな、複雑な起伏を持つ地において、本物件は閑静な丘の上に立地。水はけや眺望など、良質な邸宅街を育む条件が揃う丘上だからこそ、上質な静けさが広がっているといえるでしょう。

概念図

Silent.静寂の結界

空、森。その静けさ。理想を描ける静かなる領域。

高台概念図

駅からわずか4分、ゆるやかな丘へと上がるだけで、都市にありながら結界性をも感じさせる静けさに包まれる。「馬込西公園」「馬込ゆりの木公園」という大きな緑の潤いに抱かれた、まさに“奇跡”と呼ぶにふさわしい住宅街との出会いが、邸宅誕生の第一歩でした。

環境騒音調査からも分かる、騒音レベルの低さ

お部屋への音の聞こえ方についても、静けさが保たれる住環境です。

お部屋の外の音環境は、そのマンションが建つ立地環境により異なります。「インプレスト西馬込ヒルズ」は計画段階において、周辺環境の道路騒音等の調査を実施しました。 その結果、“日常生活で望ましい範囲”と規定されています。
幹線道路沿いや商業エリアとは異なる、この静かな住環境も「インプレスト西馬込ヒルズ」の大きな特徴であるといえます。

騒音レベルの身近な例

[日本建築学会「建築物の遮音性能基準と設計指針」より]
※この表示は試験数値であり、実際施工した後の数値とは異なる場合があります。

※空撮は2015年11月に撮影したものに、一部CG加工をしております。 ※高台概念図は、計画地周辺の高低差図を基に描き起こしたもので、建物の形状等、実際とは多少異なります。